Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Solarisの技術メモ

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、
空ファイルを作りたいときがあります。
100MBとか、1GBとかのサイズ指定で作る方法です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

・10バイトのファイルを作成
# mkfile 10 file.dat
・10KBのファイルを作成
# mkfile 10k file.dat
・100MBのファイルを作成
# mkfile 100m file.dat
・1GBのファイルを作成
# mkfile 1g file.dat
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Solarisでtelnetのrootログインを許可する方法

Solarisはデフォルトではtelnet接続のrootログインが拒否されていたりします。 というこ

記事を読む

SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」 という瞬間があるかもしれ

記事を読む

Solarisが64bitか32bitかを判別するコマンド

久しぶりにSolarisの技術メモです。 SolarisOSが64bitなのか、32bitなのか知り

記事を読む

Solarisでインストールされているロケールを調べる方法

Solarisで、このマシンにどのロケールが入ってるのか、確認 したいときがあります。 そんなときの

記事を読む

routeadm コマンド Solaris10

Solaris10 でルーティング/フォワーディング を 有効/無効 にするコマンド ★ route

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑