SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」
という瞬間があるかもしれません。
1.一時的にDHCPを有効にしたい場合
2.ずっとDHCPでIPアドレスを取得したい場合
3.DHCPから固定IPに戻したい場合
についての紹介です。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

1.一時的にDHCPを有効にしたい場合
# ifconfig “NIC名” dhcp
例):# touch /etc/dhcp.qfe1
2.ずっとDHCPでIPアドレスを取得したい場合
# touch /etc/dhcp.”NIC名”
# init 6
再起動後に自動的に以下のファイルが書き換えられて、
DHCPクライアントになります。
/etc/hosts
/etc/nsswitch.conf
/etc/resolv.conf

3.DHCPから固定IPに戻したい場合
1.でDHCPを有効にしていた場合。
再起動するとか、IPを振りなおせばOK。
2.でDHCPを有効にした場合。
以下のファイルを削除して再起動すればOK。
# rm /etc/dhcp.”NIC名”
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Solarisでパスワードの世代管理をする方法

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、 Solaris10でパスワードの

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

uptimeコマンド出力の見方

# uptime 11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, loa

記事を読む

Solarisでインストールされているロケールを調べる方法

Solarisで、このマシンにどのロケールが入ってるのか、確認 したいときがあります。 そんなと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑