SolarisでバックスペースキーをDelキーと同じ機能にする方法。

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solarisでバックスペースを押したら ^H と表示されて
文字が削除できない。Deleteキーなら削除できるけど…
とお悩みのあなたに朗報。
設定次第で何とかなります。
設定方法は以下のとおり。

スポンサーリンク

以下のコマンドを打つだけです。
# stty erase ^H
BackSpace(^H)とDelete(erase)として認識させることができるようになります。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右ク

記事を読む

SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」 という瞬間があるかもし

記事を読む

共有されているファイルシステムの一覧を表示

IBMに買収されるかと思いきやOracleに買収されるSun…これからどうなるのか。 そんなことは

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

Solarisでパスワードの世代管理をする方法

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、 Solaris10でパスワードの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑