SolarisでバックスペースキーをDelキーと同じ機能にする方法。

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Solarisの技術メモ

Solarisでバックスペースを押したら ^H と表示されて
文字が削除できない。Deleteキーなら削除できるけど…
とお悩みのあなたに朗報。
設定次第で何とかなります。
設定方法は以下のとおり。

スポンサーリンク

以下のコマンドを打つだけです。
# stty erase ^H
BackSpace(^H)とDelete(erase)として認識させることができるようになります。
以上。

AD

関連記事

Solarisでパスワードの世代管理をする方法

過去に3回に設定したパスワードは設定できないようにするといった、 Solaris10でパスワードの世

記事を読む

SolarisでISOをマウントするコマンド

Solaris10でISOをマウントする方法。 /tmp/test.iso をマウントしたい場合。

記事を読む

uptimeコマンド出力の見方

# uptime 11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, load

記事を読む

JavaDesktopでコンソールを出す方法

Solaris10でJavaDesktopを使っている人って多いと思います。 デスクトップ上を右クリ

記事を読む

SolarisでDHCPクライアント機能のOFF/ON方法

Solarisを使用しているときに、「DHCPでIPアドレスを取得したい」 という瞬間があるかもしれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

エラーコード 0x8004FE21 の原因と解決方法

ライセンス認証エラーの原因と解決方法です。 エラー内容 エラーコー

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑