SolarisでバックスペースキーをDelキーと同じ機能にする方法。

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 Solarisの技術メモ

Solarisでバックスペースを押したら ^H と表示されて
文字が削除できない。Deleteキーなら削除できるけど…
とお悩みのあなたに朗報。
設定次第で何とかなります。
設定方法は以下のとおり。

スポンサーリンク

以下のコマンドを打つだけです。
# stty erase ^H
BackSpace(^H)とDelete(erase)として認識させることができるようになります。
以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Solarisでインストールされているロケールを調べる方法

Solarisで、このマシンにどのロケールが入ってるのか、確認 したいときがあります。 そんなと

記事を読む

uptimeコマンド出力の見方

# uptime 11:26:04 up 458 days, 13:25, 1 user, loa

記事を読む

Solarisの/tmp以下のファイルが再起動で消えたり消えなかったりする理由

Solarisの/tmp以下のファイルは再起動で消える。 Linuxの/tmp以下のファイルは再起

記事を読む

Solarisが64bitか32bitかを判別するコマンド

久しぶりにSolarisの技術メモです。 SolarisOSが64bitなのか、32bitなのか知

記事を読む

Solarisで100Mとか指定サイズの空ファイルを作成する方法

ディスクの書き込みチェックとか、書き込み速度チェックをするために、 空ファイルを作りたいときがあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑