Raspberry Pi 2 Model B用にUSBメモリ(SanDisk Ultra Fit 128GB)を購入してみた

公開日: : Raspberry Piの技術メモ, 買ってみた

Raspberry Pi 2 Model B 用に最適そうなUSBメモリを購入してみました。

SanDisk Ultra Fit 128GBです。
sandisk-ultra-fit-128gb

用途

  1. ラズベリーパイで使う
  2. ファイルサーバ(SAMBA)のデータ保存領域
  3. ミュージックサーバ(MPD)の音楽データ保存領域

要件

用途のために必要な要件…というより条件は、

  • 小さい
  • 低消費電力
  • 最低限USB2.0までの対応(ラズベリーパイがUSB2.0までのため)
  • USB3.0対応なら、なお良し(音楽データの初期転送をUSB3.0対応の別PCで実施するため)
  • 書き込み速度は最低11MB/sぐらい(ラズベリーパイのNICが100Mbpsのため)
  • 書き込み速度は速ければ早いほど良い(音楽データの初期転送をUSB3.0対応の別PCで実施するため)
  • 容量は大きければ大きいほど良い
  • 安いほうが良い

要件を満たせるUSBストレージ

検討の結果、San Disk Ultra Fit 128GB を選定しました。

詳細およびベンチマーク結果等は以下のとおり。

スポンサーリンク

要件対応

小さい ⇒ 超小さいです。USBの口に刺すと、頭がちょこんと出るだけです。(付属しているキャップは正直不要です)
非常にコンパクトなので、ラズベリーパイの小さな見た目を損ないません。
sandisk-ultra-fit-128gb

低消費電力 ⇒ 低消費電力です。私は既にラズベリーパイのUSBにS/PDIF出力BEHRINGER UCA202と、wifi APモジュールWN-G150UMWを取り付けていますが、さらにSanDisk UltraFit 128GBを取り付けても、MAX1A のUSB充電器で電力が足りています。

最低限USB2.0までの対応(ラズベリーパイがUSB2.0までのため)
USB3.0対応なら、なお良し(音楽データの初期転送をUSB3.0対応の別PCで実施するため) ⇒ USB3.0対応です。

書き込み速度は最低11MB/sぐらい(ラズベリーパイのNICが100Mbpsのため)
書き込み速度は速ければ早いほど良い(音楽データの初期転送をUSB3.0対応の別PCで実施するため) ⇒ 早いです。シーケンシャルread 130MB/s超え、シーケンシャルwrite 42MB/s超えでした。

Crystal Disk Markによるベンチマークテスト結果は以下です。
diskmark

容量は大きければ大きいほど良い
安いほうが良い ⇒こちらを同時に満たせるのは128GBでした。

Raspberry Pi 2 Model Bに接続

先にWindowsのPCを使って、exFATでフォーマットしておきましょう。

1024KBを1000KBとして計算した容量なので、115GBと認識しています。
format

フォーマットしたUltraFit 128GBをRaspberryPi接続すると自動で認識してくれます。
ちなみにOSはRaspbian jessieです。

/var/log/message ファイルのログ抜粋

ログから、124GB/115GiBとして認識していることや、sda:sda1として認識していることが分かりますね。

fdisk -l コマンドで確認してみます。

/dev/sda1115.7GBで、exFATですね。

Raspbian jessieでマウントする

必要なパッケージのインストール

Raspbian jessieはデフォルトではexFATのファイルシステムを扱えないため、exFATを扱うためのパッケージをインストールします。

マウントディレクトリの作成

/ 直下に usbmem というディレクトリを作成する例

マウントしてみる

UltraFit 128GB上のファイルシステムが /dev/sda1として認識されていることを確認済みなので、/dev/sda1 を /usbmem というディレクトリにマウントします。

df -h コマンドでマウントされていることを確認します。

起動時に自動マウントされるように設定する

次回以降のOS起動時に自動マウントされるように、/etc/fstabに設定を追記します。

ポイントは、noatime オプションを入れておくことです。noatimeオプションを入れることで、ファイルアクセス時のタイムスタンプ更新をしなくなるので、アクセス速度向上とUSBメモリの書き換え抑制による長寿命化が期待できます。

その他

「数十GBのデータをUSB3.0で一気に書き込んだら熱がすごいことになる」というようなレビューがありましたが、Raspberry Piで使う限り、そんな使い方はしない(できない)ので問題なしと判断しました。
実際には、スマホからのファイル操作と、音楽ファイルの読み取りぐらいをUSB2.0で実施するだけなので全く問題なく快適に使えています。
ファイルサーバ(SambaによるNAS)の構築や、ミュージックサーバの構築は別記事で書きます。

オススメですよ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

AE-HPPMLというポタアン(PHPA)を買ってみた。

PHPAに興味を持ちましたが、お金がないので、AE-HPPMLというPHPA組み立てキットを買って組

記事を読む

Raspbian(jessie)の固定IPアドレス設定方法

Raspberry Pi 2 Model B にインストールしたRaspbian jessieの固定

記事を読む

HDDを大人買いしてみた

これだけの数を一度に買ったことのある人はなかなか居ないでしょう…。 HDDの大人買いです。

記事を読む

HD-595とAPUSBを買ってみた。

HD-595を買いました 据え置きUSBアンプ APUSBを買いました。 とはいえ、これ

記事を読む

no image

MX RevolutionとMX1100とBSMLU04を買ってきました

別にマウスオタクというわけでは無いんです。 ただ、使ってみたい。という衝動に駆られただけなんです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォル

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するために

Xperia Z3 Compact のバッテリーを交換する方法

私は Sony の Xperia Z3 Compact をとても気に入

東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R

結局Raspberry Pi 2 Model Bのケースを購入した

先日Raspberry Pi 2 Model Bのケースを自作してみま

→もっと見る

PAGE TOP ↑