存在しないが情報として残っているネットワークアダプタを削除する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Windowsの技術メモ

修理等でシステムボードを交換すると、NICも併せて交換されてしまうことがあります。

そうするとNICのMACアドレスも変わるので、ローカルエリア接続 2 3 4 5・・・とどんどん増えていきます。

しかし、IPアドレス情報は既に表示されていない「ローカルエリア接続」(交換前のNIC)に付与したままだったりします。

そして同じIPアドレスを新しいNIC(ネットワークアダプタ)に付与しようとすると、以下のようなメッセージで怒られます。

エラーメッセージ

このネットワーク アダプター用に入力された IP アドレス XXX.XXX.XXX.XXX は別のアダプター Name of adapter に既に割り当てられています。
Name of adapter は物理的にコンピューターにないか動作していないレガシ アダプターであるため、ネットワーク接続フォルダーには表示されていません。
同じアドレスが割り当てられた 2 つのアダプターがアクティブになった場合、
どちらか 1 つのアダプターがそのアドレスを使うことになり、システム構成エラーの原因となります。このアダプター用に別の IP アドレスを指定しますか?

スポンサーリンク

対処

存在しないネットワークアダプタを削除する必要があります。
見えなくなっているので、見えるようにして消すという流れです。

手順

  1. コマンドプロンプトを起動する。
  2. 存在しないデバイスを表示させる設定を入れる
    > set devmgr_show_nonpresent_devices=1
  3. デバイスマネージャを起動する
    > start devmgmt.msc
  4. 表示 をクリックして、 表示デバイスの表示 をクリックする
  5. ネットワーク アダプタ を展開する
  6. グレー表示になっているネットワークアダプタを削除する

非表示のデバイスの表示

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

VISTAで sqmdata00.sqm sqmnoopt00.sqm が作成される

Windows Vista 環境でCドライブ直下に sqmdata00.sqm sqmnoopt00

記事を読む

Windows7の電卓はスゴイ!!

Windows7の電卓はスゴイです。 関数電卓だけじゃなくて、プログラマ電卓が使えるそうです。 プロ

記事を読む

知っててもあまり得しないWindowsのDOSコマンド

知っててもあまり使う機会がないDOSコマンドを3つ紹介。 Windowsのバージョンを表示するコマン

記事を読む

Windows8.1およびWindowsServer2012R2 Stop 0x7B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE 再起動ループ対処法

Windows8.1およびWindowsServer2012R2で、以下StopErrorが出て再起

記事を読む

InternetExplorer8の ようこそ 画面を非表示にする方法

IE8初回起動時の「Internet Explorer 8 へようこそ」を非表示にする方法です。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ありがとうございました

  2. glamcodegalaxy より:

    virtual adapter が接続もできないのに存在していて、パケットに影響を及ぼすのではないかと不安になっていたので、とても助かりました。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑