CentOSおよびRHELでパーティションのUUIDを確認するコマンド

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Linuxの技術メモ ,

ディスクを追加した時など、パーティションのUUIDを確認したいときがあります。
そんなときに使う確認コマンドです。

スポンサーリンク

パーティションのUUID確認コマンド

# blkid
/dev/sda3: UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx" TYPE="ext4"
/dev/sda1: UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx" TYPE="ext4"
/dev/sda2: UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx" TYPE="swap"
/dev/sdb1: UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx" TYPE="ext4"

 

オススメオプション

-o list というオプションをつけたほうが見やすいです。

# blkid -o list
device     fs_type label    mount point    UUID
-------------------------------------------------------------------------------
/dev/sda3  ext4             /              xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
/dev/sda1  ext4             /boot          xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
/dev/sda2  swap             <swap>         xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
/dev/sdb1  ext4             (not mounted)  xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx

 

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

kdumpでダンプを取得する方法

kdumpの設定方法です。 ※2015/01/11アクセス数が多い記事のため、詳しく書き直しました。

記事を読む

「gnome-session: (tracker-miner-fs:5589): GLib-GIO-CRITICAL **: Error while sending AddMatch() message: 接続が閉じています」の原因と対策

CentOS7やRHEL7環境で、/var/log/messagesに gnome-session

記事を読む

CentOSおよびRHEL 6以降での正しいfstabの書き方

/etc/fstab を書くときに、以下のようにデバイス名で書いてしまいがちですが、これはダメな書き

記事を読む

「gnome-session: GDBus.Error:org.gtk.GDBus.UnmappedGError.Quark._imsettings_2derror_2dquark.Code5: Current desktop isn’t targeted by IMSettings.」の原因と対策

CentOS7やRHEL7環境で、/var/log/messagesに gnome-session

記事を読む

Linuxにapacheをインストールする際のオプション設定方法

デフォルト設定で apache をインストールするときは、以下の手順で実行しますよね。 # tar

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑