Linuxにapacheをインストールする際のオプション設定方法

公開日: : 最終更新日:2014/11/10 Linuxの技術メモ

デフォルト設定で apache をインストールするときは、以下の手順で実行しますよね。
# tar -zxvf {apacheのtar.gzファイル}
# cd {解凍したディレクトリ}
# ./configure
# make
# make install
しかしながら、インストール先を変更したい!
などの要望があれば、./configure 時にオプション指定しておかないといけないわけです。
ということで、オプションの確認方法の紹介。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

# ./configure –help | more
これで確認できます。
内容は長いので割愛します。
気になる人は上記コマンドを打って確かめてください。
例えば、ベースディレクトリを /usr/local/hogehoge にしたい場合、
# ./configure –prefix=/usr/local/hogehoge
とすれば良いわけですよ。
Apache1.3系 の configure –help 各種オプションについては
こちらのサイトが詳しく解説されています。
ご参考にどうぞ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

linux_icon

apacheをプロキシサーバとして使う方法

apacheをプロキシサーバとして使う方法についてのメモです。 ・configure 時に、以下の

記事を読む

linux_icon

CentOSおよびRHEL 6以降での正しいfstabの書き方

/etc/fstab を書くときに、以下のようにデバイス名で書いてしまいがちですが、これはダメな書き

記事を読む

linux_icon

CentOS7やRHEL7でIPv6を無効化する方法

CentOS7やRHEL7でipv6をdisableにするには、カーネルに組み込まれているipv6モ

記事を読む

linux_icon

今流行りのDockerとは

巷でDockerが流行っているようですので調べてみました。 Dockerの公式サイトはこちらね

記事を読む

linux_icon

CentOS6やRHEL6でIPv6を無効化する方法

CentOS6やRHEL6でipv6をdisableにする方法です。 手順は以下の通り。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑