Linuxにapacheをインストールする際のオプション設定方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Linuxの技術メモ

デフォルト設定で apache をインストールするときは、以下の手順で実行しますよね。
# tar -zxvf {apacheのtar.gzファイル}
# cd {解凍したディレクトリ}
# ./configure
# make
# make install
しかしながら、インストール先を変更したい!
などの要望があれば、./configure 時にオプション指定しておかないといけないわけです。
ということで、オプションの確認方法の紹介。
詳細は以下のとおり。

スポンサーリンク

# ./configure –help | more
これで確認できます。
内容は長いので割愛します。
気になる人は上記コマンドを打って確かめてください。
例えば、ベースディレクトリを /usr/local/hogehoge にしたい場合、
# ./configure –prefix=/usr/local/hogehoge
とすれば良いわけですよ。
Apache1.3系 の configure –help 各種オプションについては
こちらのサイトが詳しく解説されています。
ご参考にどうぞ。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

15分で理解するApacheのログローテート

Apacheのaccess_logはすぐ大きくなりますよね。 ログファイルのサイズが大きくなれば、ロ

記事を読む

cronの実行ログ確認方法

cronのログ確認方法です。 # tail -f /var/log/cron 以上

記事を読む

Can’t locate XML/RSS.pm・・・とエラーが出たときにインストールが必要なパッケージ

perlのスクリプトを実行しようとして、以下のようなエラーが出た場合の対処法です。 Can't l

記事を読む

今流行りのDockerとは

巷でDockerが流行っているようですので調べてみました。 Dockerの公式サイトはこちらね⇒h

記事を読む

kdumpでダンプを取得する方法

kdumpの設定方法です。 ※2015/01/11アクセス数が多い記事のため、詳しく書き直しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

ファイルが存在するときだけコマンドを実行するbat

Windowsで、ファイルの有無(存在するかどうか)を確認して、有無に

HPE UPS R1500 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R1500 G

HPE UPS R3000 G5 バッテリー持続時間目安

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ 製 UPS R/T3000

Error Code : 0xc000000e の対応方法

0xc000000eでエラーになった時の対処法です。 エラー

Error Code : 0x800f0988 の対応方法

0x800f0988でエラーになった時の対処法です。 エラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑