CentOSおよびRHEL 6以降での正しいfstabの書き方

公開日: : 最終更新日:2015/06/20 Linuxの技術メモ ,

/etc/fstab を書くときに、以下のようにデバイス名で書いてしまいがちですが、これはダメな書き方です。

 

デバイス名指定で書くと、ストレージの増設等でデバイス名がsdbからsdcに変わったりすると、マウントできなくなって困ることになります。

fstab内の、マウントポイント “/” を確認すれば、UUIDで指定されていることが分かると思います。

スポンサーリンク

同様に、正しくは、パーティションの UUID を使用して書く必要があります。

 

UUIDについては「LinuxでパーティションのUUIDを確認するコマンド」で紹介しているblkidコマンドで確認できますので、確認後、/etc/fstabに以下のように書きましょう。

 

その後、fstabに書いたマウントポイントを指定してマウントできるか確認してみましょう。

 

マウントする前には、mkdir コマンドでマウントポイントを作成しておくのを忘れずに。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

linux_icon

CentOS7やRHEL7でIPv6を無効化する方法

CentOS7やRHEL7でipv6をdisableにするには、カーネルに組み込まれているipv6モ

記事を読む

linux_icon

kdumpでダンプを取得する方法

kdumpの設定方法です。 ※2015/01/11アクセス数が多い記事のため、詳しく書き直しました

記事を読む

linux_icon

cronの実行ログ確認方法

cronのログ確認方法です。 # tail -f /var/log/cron 以上

記事を読む

linux_icon

CentOSおよびRHELでパーティションのUUIDを確認するコマンド

ディスクを追加した時など、パーティションのUUIDを確認したいときがあります。 そんなときに使う確

記事を読む

linux_icon

apacheをプロキシサーバとして使う方法

apacheをプロキシサーバとして使う方法についてのメモです。 ・configure 時に、以下の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑