CentOS7やRHEL7でIPv6を無効化する方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Linuxの技術メモ ,

CentOS7やRHEL7でipv6をdisableにするには、カーネルに組み込まれているipv6モジュールを無効にする必要があります。

手順は以下の通り。

スポンサーリンク

/etc/default/grubを編集する

/etc/default/grub の GRUB_CMDLINE_LINUXにipv6.disable=1を設定する。

grub.cfgファイルを再作成する

grub2-mkconfig コマンドを実行する。

UEFIだったらこちらのコマンドラインで。

OSを再起動する

OSを再起動しましょう。

以上。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

「gnome-session: GDBus.Error:org.gtk.GDBus.UnmappedGError.Quark._imsettings_2derror_2dquark.Code5: Current desktop isn’t targeted by IMSettings.」の原因と対策

CentOS7やRHEL7環境で、/var/log/messagesに gnome-session

記事を読む

CentOS6やRHEL6でIPv6を無効化する方法

CentOS6やRHEL6でipv6をdisableにする方法です。 手順は以下の通り。

記事を読む

apacheをプロキシサーバとして使う方法

apacheをプロキシサーバとして使う方法についてのメモです。 ・configure 時に、以下のオ

記事を読む

15分で理解するApacheのログローテート

Apacheのaccess_logはすぐ大きくなりますよね。 ログファイルのサイズが大きくなれば、ロ

記事を読む

CentOSおよびRHEL 6以降での正しいfstabの書き方

/etc/fstab を書くときに、以下のようにデバイス名で書いてしまいがちですが、これはダメな書き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑