CentOS6やRHEL6でIPv6を無効化する方法

公開日: : 最終更新日:2019/10/27 Linuxの技術メモ ,

CentOS6やRHEL6でipv6をdisableにする方法です。

手順は以下の通り。

スポンサーリンク

/etc/modprobe.d/ipv6.confを作成する

/etc/modprobe.d/ipv6.conf内にoptions ipv6 disable=1と記載します。

OSを再起動する

OSを再起動します。

以上

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

CentOS7やRHEL7でIPv6を無効化する方法

CentOS7やRHEL7でipv6をdisableにするには、カーネルに組み込まれているipv6モ

記事を読む

「gnome-session: (gnome-shell:5589): Gjs-WARNING **: JS ERROR: TypeError: item is undefined」の原因と対策

CentOS7やRHEL7環境で、/var/log/messagesに gnome-session

記事を読む

「gnome-session: (tracker-miner-fs:5589): GLib-GIO-CRITICAL **: Error while sending AddMatch() message: 接続が閉じています」の原因と対策

CentOS7やRHEL7環境で、/var/log/messagesに gnome-session

記事を読む

Linuxにapacheをインストールする際のオプション設定方法

デフォルト設定で apache をインストールするときは、以下の手順で実行しますよね。 # tar

記事を読む

kdumpでダンプを取得する方法

kdumpの設定方法です。 ※2015/01/11アクセス数が多い記事のため、詳しく書き直しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑