Brocade SAN Switchのタイムゾーン・NTP時刻設定方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN スイッチのtime zone設定と、NTP設定手順です。

作業準備

telnetでBrocade SAN Switchに接続し、adminでログインします。

スポンサーリンク

タイムゾーン設定

tstimezoneコマンドでtimezoneを設定します。”★”部分はコメントです。

再起動して設定を反映させます。

NTP設定

NTPサーバのIPアドレスが 192.168.0.1 である場合を例にします。

NTPサーバが動作していなかったり、NTPサーバと疎通が取れなかったりすると、以下のようにエラーが出ますので、事前にNTPサーバが正常に動作していることを確認しておいてください。

NTP設定コマンド

tsclockserver コマンドでNTP設定を実施します。

NTP設定確認コマンド

オプションを付けずに tsclockserver コマンドを実行すれば設定値を確認できます。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

Brocade SAN SwitchのFablicOSでよく使う確認コマンドまとめ

Brocade SAN Switch FablicOSで良く使う確認コマンドについてまとめておきます

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのタグVLAN設定手順

A5500とかA5800とか5120EIなどのHP社の旧AシリーズSwitch(旧H3C Comwa

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑