Brocade SAN Switchのタイムゾーン・NTP時刻設定方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN スイッチのtime zone設定と、NTP設定手順です。

作業準備

telnetでBrocade SAN Switchに接続し、adminでログインします。

スポンサーリンク

タイムゾーン設定

tstimezoneコマンドでtimezoneを設定します。”★”部分はコメントです。

再起動して設定を反映させます。

NTP設定

NTPサーバのIPアドレスが 192.168.0.1 である場合を例にします。

NTPサーバが動作していなかったり、NTPサーバと疎通が取れなかったりすると、以下のようにエラーが出ますので、事前にNTPサーバが正常に動作していることを確認しておいてください。

NTP設定コマンド

tsclockserver コマンドでNTP設定を実施します。

NTP設定確認コマンド

オプションを付けずに tsclockserver コマンドを実行すれば設定値を確認できます。

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイ

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとし

記事を読む

Brocade SAN SwitchのDomain ID設定方法

Brocade SAN Switchの ドメイン ID 設定手順です。 事前準備 tel

記事を読む

Brocade SAN SwitchのSNMPトラップ設定方法

Brocade SAN スイッチのSNMPトラップ設定手順です。 CLIでの手順です。 事前準備

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑