Brocade SAN SwitchのSyslog設定方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのSyslog転送設定手順です。
CLIでの手順です。

事前準備

Brocade の SAN スイッチにTelnet等で接続し、adminやrootでログインします。

スポンサーリンク

設定

まず、syslogdfacilityコマンドは最近のファームウェアでは使えなくなっているようです。入力してみると、syslogadminコマンドを使えといわれます。

‘syslogdfacility’ is deprecated. Please use ‘syslogadmin’.

そのため、以下のコマンドで設定を実施します。

転送先設定

syslogサーバのIPアドレスが192.168.100.100である場合を例にします。

> syslogadmin --set -ip 192.168.100.100

Syslog IP address 192.168.100.100 added

ファシリティ設定

<level>は0~7で設定可能。デフォルトは7(LOG_LOCAL7)

> syslogadmin --set -facility <level>

確認

以下のコマンドで設定を確認します。

転送先IPアドレスの確認

> syslogadmin --show -ip

syslog.1    192.168.100.100

ファシリティ設定の確認

> syslogadmin --show -faclity


Syslog facility: LOG_LOCAL7

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN SwitchのSNMPトラップ設定方法

Brocade SAN スイッチのSNMPトラップ設定手順です。 CLIでの手順です。 事前準備 B

記事を読む

Brocade SAN SwitchのDomain ID設定方法

Brocade SAN Switchの ドメイン ID 設定手順です。 事前準備 telnetで

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイムゾー

記事を読む

Catalystのパスワード設定手順

Catalystのパスワード設定方法です。 ここでは以下3種類のパスワード設定方法と、その確認方法

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑