Brocade SAN SwitchのSyslog設定方法

公開日: : Networkの技術メモ

Brocade SAN SwitchのSyslog転送設定手順です。
CLIでの手順です。

事前準備

Brocade の SAN スイッチにTelnet等で接続し、adminやrootでログインします。

スポンサーリンク

設定

まず、syslogdfacilityコマンドは最近のファームウェアでは使えなくなっているようです。入力してみると、syslogadminコマンドを使えといわれます。

‘syslogdfacility’ is deprecated. Please use ‘syslogadmin’.

そのため、以下のコマンドで設定を実施します。

転送先設定

syslogサーバのIPアドレスが192.168.100.100である場合を例にします。

ファシリティ設定

<level>は0~7で設定可能。デフォルトは7(LOG_LOCAL7)

確認

以下のコマンドで設定を確認します。

転送先IPアドレスの確認

ファシリティ設定の確認

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイ

記事を読む

HP 1950 Switchのxtd-cli-modeパスワード

HP(HPE)1950 Switchはシリアルコンソールが付いていますが、CUIではsystem-v

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑