Brocade SAN SwitchのSNMPトラップ設定方法

公開日: : 最終更新日:2019/11/05 Networkの技術メモ

Brocade SAN スイッチのSNMPトラップ設定手順です。
CLIでの手順です。

事前準備

Brocade の SAN スイッチにTelnet等で接続し、adminやrootでログインします。

スポンサーリンク

設定

以下のコマンドを実行し、設定を進めます。”★”部分はコメントです。

>snmpconfig --enable snmpv1
>snmpconfig --set snmpv1

SNMP community and trap recipient configuration:
Community (rw): [private]★read/writeコミュニティ名を設定
Trap Recipient's IP address : [0.0.0.0]★通知先のIPアドレスを設定
Trap recipient Severity level : (0..5) [0]★SeverityLevelを設定。詳細は記事下部の「参考」を参照のこと
Trap recipient Port : (0..65535) [162]★ポート番号を設定

Community (ro): [public]★read onlyコミュニティ名を設定
Trap Recipient's IP address : [0.0.0.0]★通知先のIPアドレスを設定
Trap recipient Severity level : (0..5) [0]★SeverityLevelを設定。詳細は記事下部の「参考」を参照のこと
Trap recipient Port : (0..65535) [162]★ポート番号を設定

Committing configuration.....done.

確認

以下のコマンドで設定を確認します。

> snmpconfig --show snmpv1

SNMPv1 community and trap recipient configuration:
Community 1: private (rw)
Trap recipient: 0.0.0.0
Trap port: 162
Trap recipient Severity level: 0

Community 4: public (ro)
Trap recipient: 0.0.0.0
Trap port: 162
Trap recipient Severity level: 0

SNMPv1:Enabled

参考:SNMPのSeverity Level

セベリティレベルの番号は以下の意味です。

  • 0 – none
  • 1 – critical
  • 2 – error
  • 3 – warning
  • 4 – information
  • 5 – debug

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

Brocade SAN Switchのファームウェア(FabricOS)のアップグレード方法

Brocade SAN SwitchのFabricOSアップデート(アップグレード)手順です。 こ

記事を読む

Brocade SAN Switchのゾーニング設定方法

Brocade SAN SwitchのZone設定手順です。 事前準備 telnetで接続 作業

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのVLAN作成手順

HP社の旧AシリーズSwitch(A5500とかA5800とか5120SIとか)(というか旧H3Cの

記事を読む

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するためにはrootでのログインが必要。

記事を読む

HP 1950 Switchのコンソール接続方法とIPアドレス設定方法

TeraTerm等を使って、HP (HPE) の1950スイッチのシリアルコンソールに接続しようとし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑