Brocade SAN SwitchのSNMPトラップ設定方法

公開日: : 最終更新日:2016/03/04 Networkの技術メモ

Brocade SAN スイッチのSNMPトラップ設定手順です。
CLIでの手順です。

事前準備

Brocade の SAN スイッチにTelnet等で接続し、adminやrootでログインします。

スポンサーリンク

設定

以下のコマンドを実行し、設定を進めます。”★”部分はコメントです。

確認

以下のコマンドで設定を確認します。

参考:SNMPのSeverity Level

セベリティレベルの番号は以下の意味です。

  • 0 – none
  • 1 – critical
  • 2 – error
  • 3 – warning
  • 4 – information
  • 5 – debug

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

HP旧Aシリーズ(H3C Comware)Switch とCisco CatalystでのポートVLAN設定手順

A5500とかA5800とか5120SIなどのHP社の旧AシリーズSwitch(旧H3CのSwitc

記事を読む

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定方法

Brocade SAN SwitchのIPアドレス設定手順です。 事前準備 作業用端末の準備

記事を読む

CatalystのNTP設定手順

Catalystの時刻設定方法です。 ここでは以下3つの設定について解説します。 タイ

記事を読む

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォルトユーザが存在します。

記事を読む

HP旧Aシリーズ(H3C)Switch とCisco Catalystとの頻繁に使うコマンド比較

HP社のProCurveとCisco社のCatalystは同じようなコマンドで何とかなりますが、HP

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

Brocade SAN Switchのroot,factory,userユーザ無効化方法

Brocade SAN SwichのFablicOSには以下のデフォル

Brocade SAN Switchのデフォルトrootパスワード

Brocade SAN スイッチの rootパスワードを変更するために

Xperia Z3 Compact のバッテリーを交換する方法

私は Sony の Xperia Z3 Compact をとても気に入

東芝 Dynabook Satellite R35 のメモリを16GBに増設してみた

私はサブノートPCとして東芝 Dynabook Satellite R

結局Raspberry Pi 2 Model Bのケースを購入した

先日Raspberry Pi 2 Model Bのケースを自作してみま

→もっと見る

PAGE TOP ↑