vSS 2014 お疲れ様でした

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 VMwareの技術メモ, 最新技術

2014年11月18日 vSS2014が無事終わりました。

公式サイトはコチラね⇒http://vss.vforum.jp/

スポンサーリンク

丸一日、沢山のセッションに参加してきましたが、
一番参加してよかったのはコチラのセッション。
————————————-
次世代 VDI アーキテクチャ解説: App Volumes から最先端プロジェクトまで
– Just In Time Desktop時代の幕開け –

IT業界に旋風を巻き起こし、次々に新しい製品や技術を投入し続けるVMware。
そんなVMwareがEnd-User Computing環境を今後どう変革していくのか解説致します。
本セッションは、今後登場予定の最新製品、構想段階の次世代アーキテクチャについて最先端の情報が確認できる絶好の機会です。
VMware App Volumes™
NVIDIA GRID vGPU™
VMware Horizon Flex™
Project Meteor
————————————-

開発中の技術がたっぷりで、今後これらのことができるようになるのかと思うと、ワクワクする内容でした。
こんなの聞いちゃったら、今年は顧客にDVIを提案できない…。導入した直後にこれらの技術が実装された新バージョンが出たら、導入した私も、リプレースまでお預けの顧客も悔しいでしょう…。

セッション資料については、公式サイトにて公開中のようですので、必要な方は各自DLしてくださいね。
※本サイトに掲載されている資料のデータおよびURLの展開はご遠慮ください。登録いただいたご本人様に限ったご利用をお願いいたします。」とのことなので…。

 

あと、いろんなセッション内で「詳解VMware NSX ネットワーク仮想化の基礎と応用」という本のオススメが凄かった。
いい本なんだろうけど、「Amazonでも同ジャンル内で1位です!」とかちょっと推しすぎでした。
あと、やっぱり結構なお値段するんですよね。528ページある技術書だから仕方ないですが…。

以上

 

AD

この記事が興味深かった場合は、SNSボタンでシェアいただけると嬉しいです。

関連記事

ntpdの脆弱性CVE-2014-9293,9294,9295,9296まとめ

ntpdに4つの脆弱性が見つかりましたね。 そのうちの一つCVE-2014-9295は任意のコード

記事を読む

vSphere(ESXi)のセキュリティパッチのダウンロード方法

いつもURLが分からなくなるので、備忘録です。 ESXiのパッチのダウンロードURLはこちらで

記事を読む

予約受付中! 「m-Stickシリーズ MS-NH1 1412MS-NH1」

販売再開しても毎回数分で売り切れてしまう、マウスコンピュータのスティック型PC MS-NH1ですが、

記事を読む

VMwareの仮想アプライアンスのキーボード配列を日本語にする方法

VMware社の仮想アプライアンス(中身はSUSE Linux)で、キーボード配列がデフォルトでは英

記事を読む

Windows10

Windows10 を試してみよう

Windows8.1の次はWindows10 。 「Windows8.1から大きな飛躍を遂げた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

AD

PAGE TOP ↑